自由を求めて

セミリタイアを目指す40代会社員の日々感じたことの記録をしていこうと思います。連絡先はkenkou146@gmail.comです。

スポンサーリンク

セミリタイアを目指すメリット

スポンサーリンク

[希望があるから頑張れる]

充実した会社員生活を送り、暖かい家庭を持って日々を幸福に生きている人はセミリタイアなど考えたこともないでしょう。でも残念ながらというか当然ながらというか、会社員生活があわないという人が一定数存在します。僕も、その一人です。働きたくないというわけではないのですが、働くことがあまり向いていないのです。

 

60歳まで働くことを考えたらとても耐えられないのです。ましてや65歳や70歳まで働くなど想像さえできません。20代、30代の時は40歳になったらセミリタイアすると自分に言い聞かせて働いてきました。40歳を過ぎた今は今度こそ50歳でセミリタイアしようと自分に言い聞かせて働いています。

 

セミリタイアするという希望があるから、何とか会社で冷静さを保てているような気がします。もしこれでセミリタイアという選択肢がなかったら、耐えられなかったでしょう。

 

つまり、いつかセミリタイアするという気持ちが現在の自分を救っているのです。野球チームで補欠や二軍でもレギュラーになれる可能性があるなら頑張れます。もし、まったく可能性がなければ頑張れないでしょう。希望があるから頑張れる、そういう感じです。自分の現在の生活がにつらくて仕方ないと思っているわけではないのですが、労働生活が向いていないのは確かなのです。

 

[セミリタイアを目指せば無駄遣いしなくなる]

セミリタイアを目指せば、無駄遣いしないようになります。目指していない人でも無駄遣いしない人はたくさんいると思いますが、目指している人は間違いなくしなくなります。セミリタイアした後の生活を考えれば無駄遣いなどとてもできません。

 

本当にお金は命そのものだと思います。お金がなくなれば生きていけなくなるのだから。そういったことを真剣に考えるようになります。真剣にセミリタイアを考えていればいるほどお金についても考えざるを得ません。これもセミリタイアを目指すメリットでしょう。

 

[残り時間は大切] 

セミリタイアを目指せば自分が本当に何をしたいかも考えるようになります。空いた時間に何をするのか残りの人生をどう過ごすかもめざさない時より身近な問題になります。

 

仕事が人生で一番やりたいという人は問題ないのでしょうが、そうでない場合、自分がやりたいことを把握して目指すべきでしょう。人間はいつまで生きられるかわかりません。事故や病気や犯罪に巻き込まれなくても80歳くらいまでしか生きられないのですから。

 

特に健康でいる間の時間というのは極めて貴重でしょう。 

なんとか50歳までにセミリタイアしたいと思います。