自由を求めて

セミリタイアを目指す40代会社員の日々感じたことの記録をしていこうと思います。連絡先はkenkou146@gmail.comです。

スポンサーリンク

セミリタイア後、たまり場を作ってやりたいこと

スポンサーリンク

f:id:dorankun:20160925170357j:plain

[交流のためのたまり場]

同じ人とばかり話していたり、全く人と交流がないとボケるということが、最近読んだ本に書いてありました。うすうす、そんな気はしていましたが、やはり適度に他人と交流したほうが良いようです。特にセミリタイア後は意識的に他人と交流したほうがいいのでしょう。

 

セミリタイア後には、たまり場を作りたいと思っています。可能ならマンションのワンルームを借りて、知り合いが約束なしに、気楽に来れる場所にしたいのです。実際に集まって何をやるかといえば、たいしたことはやりません。思いつくのは、映画会、テレビゲーム、読書会、食事会、トランプ、ボードゲームくらいです。

 

何月何日の何時に集合、みたいな感じではなくて、フラッと気が向いたら来てもらって、フラッと帰れるような形にしたいわけです。「月水金の昼間の12時から18時まで、いつでも好きな時に来てもらって、いつでも好きな時に帰ってもらってかまいません。気が向いたら来てください。」のようなメッセージを知り合いに送るのです。

 

[交流するための場所探し] 

まったく人が来てくれないと寂しいので、色々おもてなしをしておきます。例えば、サンドイッチや飲み物も用意しておきます。そうすれば少なくとも食べ物を食べれるメリットがあります。

 

PHAさんがやっていたモクモク会というのも、よさそうです。集まって個人個人でモクモクと何か作業する会です。ただ大人になると集まるのに理由がいるので、果たして集まってくれるのかという不安があります。

 

そう考えると今、いろいろ話題に聞くゲストハウスというものが、人との交流という面では優れているのかなという気がします。問題は、初めて会う人と色々語り合うとか僕にできるのだろうか、という不安がぬぐえないところです。相性とか運とかいろいろな要素がありそうなので、うまくいかなくても何度もトライする精神力が必要そうです。

 

 ファミレスに集合という案もPHAさんが書いていましたが、これも誰も集まってくれそうにありません。碁会所に行って人と交流するというのが、一番現実的な感じです。ただ、それだと単に囲碁好きということになります。たまり場を作ってやりたいことととは、別の話になります。また勝敗がある趣味だと、ストレスが溜まりそうです。

 

[いつか、たまり場を作りたい] 

できることなら、気軽に他人と交流できて、ストレスがあまり堪らない方法を見つけるか、作るかしたいと思っています。趣味で喫茶店を経営するとかも良さそうです。ただ、お金がないので無理そうです。お金があまりかけず、たまり場を作っていきたいです。