自由を求めて

セミリタイアを目指す40代会社員の日々感じたことの記録をしていこうと思います。連絡先はkenkou146@gmail.comです。

スポンサーリンク

googleカレンダー活用がうまくいく方法

スポンサーリンク

f:id:dorankun:20160927000929j:plain

[予定通り行動できない]

スケジュールを作って休日を過ごした方がいいという記事を読みました。スケジュール管理には、googleカレンダーがを使ったほうがいいとも書いてありました。それで僕もgoogleカレンダーを活用してみようと思いスマホにダウンロードして使ってみました。

 

結果として、googleカレンダーの活用はうまくいきませんでした。前日に予定を立てているときは、楽しかったのですが、当日になると完全に無視してしまうのです。3日坊主という言葉がありますが、僕の場合は、1日も予定通りに過ごせませんでした。

 

僕のような意思の弱い人間は、外部からの強制がないと予定通りに過ごすことができないのです。自分の意思で自分を律することができるなら、もっとましな人生を送れているでしょう。

 

[意志の弱い人間でも予定を守れる方法]

ただ僕のような意思の弱い人間でも何とか予定を守って休日を過ごす方法を考えてみました。朝から晩までみっちり予定が組んであると、予定を守ろうという気持ちがかけらもなくなります。予定を組んでいるときは楽しいのだけど、当日になると最初から予定を無視しようという気持ちになります。

 

朝、起きてストレッチをして、腕立て10回、スクワット10回というのは無理なく何年も続けられています。この経験から考えるに、朝から晩まで予定を組むのは守れないけどピンポイントで、この時間にこれだけはやるという予定の立て方なら守れるということです。

 

[朝、起きてすること]

最近、朝起きて10分掃除するということは守れているので、1日のうち何回こういう予定を入れておくというやり方で試してみようかと思っています。今まで休日は部屋に引きこもってゲームをしているか、ネットをしているかという感じでした。

 

それはそれで、けっこう楽しかったのですが、体と心の健康にはよくないようです。朝6時半に起きて10分掃除をまず行います。次に歯を磨いて、ストレッチ、筋トレを行います。その後、1時間散歩しようかと思っています。

 

現代人は部屋の中で一日中、パソコンやスマホの画面を見ていることが多いです。それが心の健康には悪いらしいのです。現実の景色を見たり、遠くを見たりということが大事ということです。そこで散歩を1時間、朝やってみます。散歩は歩くだけなので意思の弱い僕でもできそうです。

 

家に帰ったら、英語ドラマのフレンズを1話見ます。セリフをみんなリピートします。これもコメディドラマなので、楽しくできます。ある程度、頭が英語に馴染んだところで英字新聞の記事を1記事だけ見ます。英語サイトの記事も1記事だけみます。

 

[後は気の向くまま]

あとは読書とブログ、ゲーム、囲碁、将棋などをしたいと思っています。でも、それは自分の気持ちの向くまま、動画を見ながらやっていきたいと思います。テレビや新聞から情報収集もやっていきたいのです。これも気の向くまま、やっていきたいです。

 

自分の気の向くまま、自分の気持ちに従って現在の行動を決めるという時間がないと休日は楽しくないような気がします。予定は予定であったほうが、メリハリをつけるのには大事です。楽しい時間が過ごせないと休日の意味がないし人生がもったいないと言えます。楽しんでgoogleカレンダーを活用していきたいです。