自由を求めて

セミリタイアを目指す40代会社員の日々感じたことの記録をしていこうと思います。連絡先はkenkou146@gmail.comです。

スポンサーリンク

暇つぶしの達人が人生を幸福に生きれる気がする

スポンサーリンク

f:id:dorankun:20161227225813j:plain

[忙しい生活に価値を感じない]

忙しい事に価値を感じているという人がいます。本人は否定するかもしれませんが傍から見ているとそう見えたりする人のことです。とにかくアクセク動き回っていないと落ち着かないというふうに見えます。無気力な人間よりはいいような気がしますが状況によっては無気力な人間より周囲に迷惑をかけることがあります。

 

周囲に迷惑をかけない限り忙しいことが好きというのは本人の価値観なので勝手にすればいいと思いますが僕自身は忙しいことが好きになれません。状況によっては忙しくならざるを得ないこともよくありますが基本的にはどうしたら忙しくならないかを考えて工夫したいです。

 

[忙しくしてもたいしたことはできない]

現場で忙しく働いていると自分がいなかったら大変なことになっていたなあと充実感や満足感を感じることがあります。それはそれで別に悪いことではないしむしろ素晴らしいことかもしれません。でも実際自分が休んだところで普通に現場は回るしトラブルにも誰かが対応するものです。

 

政府や企業のトップでも代わりはいくらでもいるのが現実です。当然自分の代わりなど掃いて捨てるほどいるしいなくなっても多少は混乱があるかもしれませんがすぐに通常通りになります。寂しくもありますが安心といえば安心です。何が言いたいかといえば人間一人が忙しく働いた成果などどのみちたいしたことではないということです。

 

自分が好きで楽しくて忙しくしているならともかく義務感や責任感で嫌々忙しくしているならそんな状況からは逃げたほうがいいです。少なくとも忙しい=立派、素晴らしいという思考からは逃げたほうがいいです。

 

[暇な時間を楽しめる人が人生を楽しめる]

忙しいよりも暇や退屈といった状態のほうが人生を充実させるチャンスであると感じます。アクセクするのではなくて暇つぶしを心にゆとりを持って行える人が人生を楽しんでいる感じがします。暇や退屈な時、どういう精神状態でどういう行動をとるかで人生や生活が充実するかどうかが変わっていくような気がします。

 

忙しいのが好きな人は暇や退屈が苦手です。すぐにソワソワして場合によってはイライラして余計なことをして周囲を混乱させます。忙しければ忙しいでイライラしていたりするのでどっちに転んでも幸せそうに見えません。

 

個人的な理想を言えばじっとしていも楽しい気持ちでいられるというのが幸福な人間のような気がします。時間を無駄にしてはならないという考えが根強い現代ではじっとしてるともったいないと思われますが場合によってはじっとしているということも大切だと思います。

 

[まとめ]

忙しくするのがうつ病対策にも挙げられるように忙しさも期間限定なら心の安定に役立ちます。一生忙しい状況では心の安定は難しいです。暇や退屈な時間を楽しく過ごせる人間が結局幸福な人間という気がします。