自由を求めて

セミリタイアを目指す40代会社員の日々感じたことの記録をしていこうと思います。連絡先はkenkou146@gmail.comです。

スポンサーリンク

無理なスケジュールの出張にセミリタイアへの思いが強まる

スポンサーリンク

f:id:dorankun:20170428205446p:plain

[無駄な会議をしたがる人々]

現場が大変な状況だというのに無理なスケジュールで出張を強制されて絶望的な気持ちになっています。出張の目的は会議をすることです。僕は会議は無駄だと考えている人間なので無理なスケジュールに無駄な会議というダブルに精神的にダメージを与えられています。

 

それにしてもどうして会議をそんなにしたいのでしょうか。一定数無駄な会議をしたがる人々が存在します。現場にも何人かいます。会議などだいたい時間の無駄でしかないため本当に必要性があるとき以外はしたくないのです。本当に何か問題があってそれに関わる人間が具体的なことを話し合うなら意味があると言えます。

 

定期的にやる会議など会議をすることが目的化してしまっています。会議に出席するのも必要性があるからというよりは上の指示に従う忠誠心を見るための踏み絵のような儀式になってしまっています。そのための人件費や使われる時間のことを考えると頭が痛くなってきます。

 

[会議をしたいという声は強くなる]

それにしてもなぜこの世界から無駄な会議をなくせないのでしょうか。思うに会議をしたいというエネルギーは会議をしたくないというエネルギーを上回るからです。「会議をしましょう!!」と言ってくる人間の声は強いです。しかも自分が正しいと信じていて真面目で一生懸命でもあります。

 

そういった無駄な会議をしたがる人々のエネルギーの前に会議をしたくないという声はかき消されるのです。「会議をする必要性も意味もそんなにないんじゃないの?」と言えば「意味のある会議にしていけばいいじゃないです!!」という調子で会議をしないために説得する時間やエネルギーが無駄に感じて会議が開かれるのです。

 

[会議から逃れるためには辞めるしかない]

会議好きな人間が組織には一定数生息していて声もエネルギーも大きいので組織に属している限り会議から逃れるのは難しいでしょう。どうしても会議が嫌ならやめるしかないというのが現実です。そこまでの決断ができないなら無駄な会議を受け入れるしかないのです。

 

個人的な願望では会議は無駄だからやめようという空気を世間一般の空気にしてほしいということです。「いじめカッコ悪い」というCMのように「会議カッコ悪い]というような世の中の流れになってほしいのです。

 

[人現関係が良好だから様子見]

しかし現在職場の人間関係が良好になり様々な問題点も改善され会議のことを除けば満足のいく状態なのです。今まで何もかもボロボロの状態で耐え忍んできたので、この状態が続く限り平穏な生活を楽しみたいのです。なんだかんだ言って毎月給料がもらえるのは大きく感じてしまうのが悲しくもあります。

 

もともと50歳前後まで働いてセミリタイア生活に突入という計画ではあります。それまでに貯金をして週2、3日の労働生活に入る予定です。くだらない会議があるとセミリタイアへの思いが強まります。

 

[まとめ]

有益な会議というものを開くのは非常に難しいと言えます。人数が増えれば増えるほどその難易度は跳ね上がります。開かない方がよいことが多いです。しかし組織に属している以上、大変な現場を抱えながら会議には参加せねばならず 嫌なら辞めるしかないという現実です。セミリタイアへの思いを日々募らせています。