自由を求めて

セミリタイアを目指す40代会社員の日々感じたことの記録をしていこうと思います。連絡先はkenkou146@gmail.comです。

スポンサーリンク

ブラック企業で使われるセリフは言いたくない

スポンサーリンク

f:id:dorankun:20171016223347p:plain

[どこに行っても通用しない]

そんなんじゃどこに行っても通用しないぞ、というセリフがあります。ブラック企業の経営者とか幹部が使いそうなフレーズです。僕はこの言葉が嫌いです。

実際大きなお世話だし他の場所に行って通用するかどうかはやってみなければ分からないからです。もちろん誰かに言われたいとは思わないし自分は絶対使わないつもりです。

そもそもそんな上から目線で誰かに物申したくないのです。自分だって特別優秀というわけではないのですから。ですが、この人はどこに行っても通用しないだろうなあと思わずにいられない人と出会いました。

[本当にやる気がない人間はいる]
妙に人当たりが良かったので最初はだまされてしまったのですが本当にやる気がない人間でした。まず仕事を覚えようとしません。何度教えてもしっかりと覚えません。

おしゃべり好きで仕事そっちのけでおしゃべりをします。現場以外の関係者とも延々としゃべり続けます。そのコミュニケーション能力は驚くものがあります。真面目だけど人と接するのが苦手という人がいますが、その真逆のタイプと言えます。

本当にやる気がないのだけどコミュニケーション能力だけでそれをカバーして生きてきたと思われます。ある意味あっぱれと言えるかもしれません。

でもある程度の時間一緒にいるとやる気がないのが周囲にバレて結局その場所に居づらくなるというのを繰り返して行く未来がみえます。どこに行っても通用しないぞとは言いたくないのに言いそうになりました。

[本人は幸せそうに見える]

やる気のなさで周囲をイラつかせながらも本人は幸せそうに見えます。他人が何を言おうが気にしないで好きなことを大事にして生きていくという事でしょうか。

聞いてもいないのにペラペラと話すプライベートはとても充実しているようです。うつ病の傾向がある僕からするとうらやましくもあります。実家は金持ちそうなので一生適当に生きていけるのかもしれません。

[まとめ]

自分が大嫌いな言葉を使いたくなる衝動にかられました。まさかこんな瞬間が自分に訪れるとは思ってもいませんでした。よく聞くセリフは例え自分が大嫌いだったとしても使われるだけの理由があるのかもしれません。それでも意地でも嫌いなフレーズを使わないでおこうと思います。