自由を求めて

セミリタイアを目指す40代会社員の日々感じたことの記録をしていこうと思います。連絡先はkenkou146@gmail.comです。

スポンサーリンク

投資で失敗してセミリタイアは織田信長が死んだ年と同じになりそう

スポンサーリンク

f:id:dorankun:20171029100941p:plain

[投資で失敗した]

セミリタイアに10代の頃から憧れていました。憧れているだけで特に行動を起こしていなかったですが物欲が人より少なかったため貯金は自然に増えていきました。

 

早くセミリタイアしようと焦っていたわけではないですが投資で失敗しました。僕にとっては大きな金額です。まだ生々しく金額や過程など書く気持ちになれません。時間がたって気持ちが落ち着けば書くかもしれませんが今はまだ無理です。

 

破滅するわけにはいかないので僕は投資の世界から退場しようと思います。今ならまだやり直しが効くからです。損したお金を取り返そうとするのが一番危険です。セミリタイアはあと2年後くらいを目指していましたがあと7年後に下方修正しました。

 

人間50年と織田信長は好んで言っていたそうですが僕は50才まではフルタイムで働かなければならないようです。投資の世界で負けて自分は絶対に勝てないと悟ってしまったので仕方ないことです。

 

アカギという漫画で主要人物が勝負の世界から足を洗うシーンがあります。「アカギは欲がないから強かった。」「自分は生涯あんな目はできないだろうから」「俺は自分が可愛いかった」僕もこんな心境です。もう勝負の世界から引退します。

 

勝負の世界では負けを受け入れる覚悟が必要です。でも僕にはそれを受け入れる度量がなかったのです。ジリジリと胸を焼かれるような苦しみをもう味わいたくないと思ってしまいました。それが僕の限界だったということです。

 

[仕事のない充実した日々を確立したい]

無理矢理ポジティブに考えるとセミリタイアまでの時間が伸びたということでセミリタイアの準備に力を入れたいです。具体的にいうと仕事のない1日フリーな日を充実するように色々工夫したいということです。

 

10代の頃からうつ病気味で学校や職場に行くのは嫌で嫌で仕方ないのに休みの日は特に何かを楽しむでもなくどんよりとした気分で過ごすという最悪の日々を送っていました。

 

30代になるとうつ病の症状は軽減しましたが今でも名残りがあります。学校や職場は嫌いなんですが気が紛れるという効果もあります。休日の前夜はアドレナリンが出まくって幸福感に包まれる感覚も味わえます。

 

理想を言えば学校も職場もなく毎日フリーの状態でアドレナリンが出まくって幸福感に包まれる感覚が続くことです。どうやったらそういう状況になれるのか、あるいは少しでも近づけるのか徹底的に考えて工夫したいと思います。

 

[ブログに力を入れたい]

ライフワークというと大げさになってしまいますがブログを一生続けていきたいと思うようになりました。自分の人生で他にすることもやりたいことも特別ないかなあというのが今の気持ちです。

 

できることならYoutubeで動画投稿もやっていきたいです。ブログや動画投稿はどれだけやっても今月マイナス5万円になったというようなリスクはありません。最悪失うのは時間と労力だけです。

 

もし自分自身楽しんで活動できれば敗北はないといえます。現実には継続することは極めて難しいことは承知しています。楽しんで継続するという境地を追求したいです。

 

[まとめ]

投資で失敗してセミリタイアの時期が遠のきました。そして自分は絶対に投資の世界で勝てない人間だと思いしってしまいました。投資に勝っていれば人生がまるで違っていたでしょうが仕方ないことです。

 

胸をはれ、手痛く負けた時ほど胸を!

 

というセリフが漫画にありましたがまさにそんな心境です。正直なところ生まれてこなければ良かったと深刻に落ち込みました。今は何とか胸を張って人生楽しく生きていきたいと思っております。