自由を求めて

セミリタイアを目指す40代会社員の日々感じたことの記録をしていこうと思います。連絡先はkenkou146@gmail.comです。

スポンサーリンク

ブログをあと3つ作りたい

スポンサーリンク

f:id:dorankun:20180225204026p:plain

[日記ブログを書きたい]

このブログ1つでもけっこう時間を使っているのにさらにあと3つブログを作りたいという欲求がでてきました。一つでも大変と言えば大変なのに合計4つのブログを運営するのは無謀かもしれません。

 

 

とは言っても新しいブログは見られることを意識しないで自分用のメモ書きとして書いていく予定です。いちおうこのブログは人に読まれることを考えて書いています。

 

 

さらに1000文字以上は書くということを己に課しています。新しいブログではそういった制限を一切取っ払って好きなように書いていきたいのです。

 

 

ものすごく短い文章だったり他人が読んで意味不明な文章を書くことになると思います。いわゆる日記を書いていきます。

 

 

なぜ日記を書きたいかというとあまりにあっという間に流れる時間に焦りや恐怖を感じたからです。去年までならなんとか何をしたか何を考えていたか覚えています。

 

 

おととしとなるとほとんど全部忘れています。振り返ると自分の人生が空白なような気持ちになる時もあります。古典の時代から日記を書く人は多いですが生活を記録することで安心する心理が人間にはあるのかもしれません。

 

 

ブログに書くほどではないけど面白かった本、ドラマ、映画などの記録もとっておきたいと思うようになりました。エンタメ作品もあっという間に内容を忘れていきます。名作ならもう一回見て楽しめるというメリットもありそうですけど。

 

 

エクセルやワードに書いてもいいのですけどブログのほうがオンラインに記録できるのでパソコンが壊れた時などデータは残るので便利かなと思っています。

 

 

たた個人情報の流出だけは気をつけないとまずいです。誰も見ていないと思っていても誰か見ているのがオンラインだからです。見られるかもしれないという可能性があるだけで緊張感も多少でてくるので面白くもあるとおもいます。

 

[囲碁将棋ブログを書きたい]

一時期囲碁将棋にはまっていました。アマチュア初段位までは行ったと思います。だんだん自分ではやらなくなりましたが毎週NHK杯戦は録画して見ていました。

 

 

2年位前に動画を見放題のサービスNetFLIXに加入して以来時間がなくなり見なくなりました。それでも囲碁将棋界のニュースは注意して見ていました。

 

 

囲碁将棋界の出来事を見て感じたことを記録していきたいと思っています。記録してどうなるんだと聞かれると困りますが意味などありません。趣味とはそういうものでしょう。

 

 

強いて理由を言うとするともし将来セミリタイアできたら碁会所に週1回くらい通う生活をしようかなと考えているので多少腕を磨いておこうかなという気持ちもあります。

 

[鉄拳ブログを書きたい]

鉄拳7という格闘ゲームがあります。僕は最近このゲームをプレイしています。しかし最近ゲームをする気力がなくなったということをこのブログで書きました。実際楽しいという感覚より面倒という感覚が強くなっています。ただ長年ゲームを楽しんできた自分がYoutubeでの動画投稿を始めたのでゲームチャンネルもやりたいなという気持ちがでてきました。

 

 

普通のゲームを何十時間プレイしてクリアすることはできないですが格闘ゲームなら1試合数分で終わるので遊ぶことができます。問題は格闘ゲームで動画投稿したりYoutubeライブをしたりする人はみんなうまい人でハイレベルなプレイをしています。残念ながら僕は去年から鉄拳を始めた初心者でオンライン対戦ではボコボコにされています。

 

 

今は一日1試合を己に課して練習しています。必ず戦った後はプレイ動画を見て勝敗の理由を分析しています。ここでも継続と分析です。遊びなのに勉強みたいに真面目に努力していますが今のところ楽しくやれているので良しとします。本当は1日1試合と言わず10試合とかやったほうがいいのでしょうが、心が折れないことを優先させています。

 

 

そういった毎日の活動や反省などをブログに書いて動画を貼り付けて行きたいのです。これもあまり人に見られることを考えず気楽にやっていきたいです。

 

[まとめ]

ブログをいくつも作ったりYoutubeのチャンネルをいくつも作ったりということはリスクがないので思いついたらやっていこうと思っています。失敗しても命を取られるわけではないし経済的なダメージもないので挑戦したほうがいいです。自分が楽しいと思える状態で続けることを目指していきたいです。