自由を求めて

セミリタイアを目指す40代会社員の日々感じたことの記録をしていこうと思います。連絡先はkenkou146@gmail.comです。

スポンサーリンク

肯定的な言葉をつぶやくと生活は改善するか

スポンサーリンク

f:id:dorankun:20180306210757j:plain

[生活はよくなっていく]

最近、同僚が世間話をしている時、突然スピリチュアル的な話をし始めて戸惑いました。夜寝る前と朝起きたときに「生活はよくなっていく」と100回ずつつぶやくと本当によくなっていくというのです。何か変な宗教にはまっているのではないかと心配になりました。

 

 

あるいは怪しげな自己啓発セミナーに行って100万円とか払っていないだろうなと不安になりました。話を聞いてみると本人はわりと理性的だったので安心しました。肯定的な言葉をつぶやいていると本当に生活が改善したり人生が好転するという類の本を読んだらしいです。

 

 

肯定的な言葉は「生活はよくなっていく」ではなくても、もっと具体的な願望や目的あるいは自分の好きな肯定的な言葉でもいいとのことです。たとえ感情が伴わなくてもかまわないそうです。3ヶ月経っても何も変わらなければ自分を罵倒してくれてかまわないとその著者は言っていたそうです。

 

 

2,3日なら続けることは簡単かもしれませんが3ヶ月毎日となるとかなり本気で意志の力も必要となるでしょう。それだけの意志の力があれば現状を好転できるということかもしれません。

 

[脳科学的にも一理あるかも]

なにやら胡散臭く眉唾の話ではありますが一人になって落ち着いて考えてみるとそれなりに理屈にあっているのかもしれないと思うようになりました。例えば「人と仲良くなれる」と毎日朝と晩と100回ずつつぶやいたとします。

 

 

もちろん魔法みたいなことが起こって突然周囲の人間と仲良くなれるということは起こらないでしょう。ただ意識と無意識の間くらいの感覚で微妙な変化が本人に起こる可能性はあります。態度や表情、話し方が微妙に他人にとって好意的に変わることはありそうです。

 

 

スポーツ心理学とか脳科学とかの話で成功とか達成などの単語を唱え続けると心理にいい影響があると聞いたことがあります。まったく科学的な根拠がない話でもないかなと思うようになりました。また毎日つぶやくことにより毎日うまくいくための準備をしていると自分に思い込ませることができます。自分はうまくいくはずだと思っているから本当にうまくいくということもありそうです。思い込みとか自信とかって結構強いものですから。

 

[胸がわくわくしていたい]

自分がつぶやくとしたらどんな言葉だろうと考えてみました。いろんな欲望が自分の胸の中でうずまいていますが一言で言うならワクワクしていたいということになります。一日のある時間あるいは瞬間だけでもいいのでワクワクできたらいいなと思います。

 

 

ブログを書くときでも人と話す時でも本を読むときでもなんでもいいですがワクワクする時間があれば幸福ではないでしょうか。もちろん時には鉛を飲み込んだように心が重苦しくなり何をしても楽しめないというような時もあります。残りの人生でできるだけそういう日は少ないといいと思います。

 

 

いささか宗教の祈りに似ているような気もしますが別に効果がなかったからといって損害があるわけでもありません。3ヶ月だけ試してみようかなという気になっています。他人に影響されやすい性格なものですから。3ヶ月やって効果がなかったら本の著者を罵倒します。と思ったけど虚しくなりそうだからやめておきます。

 

[まとめ]

 他人の悪口を言うと自分の運気が下がるとか否定的な言葉を言っていると本当に良くないことが起こるとかいう話はよく聞きます。科学的な根拠のない迷信のようなものかもしれませんが、けっこう根強く世間では昔から伝えられています。

 

 

自分自身の感覚から言ってもなんとなく正しいような気はしています。それとは逆にひたすら肯定的な言葉をつぶやくという考えもありと言えばありでしょう。否定的な言葉で自分をより落ち込ませるよりはやせ我慢でも肯定的な言葉をつぶやいている方がましと言えます。