自由を求めて

セミリタイアを目指す40代会社員の日々感じたことの記録をしていこうと思います。連絡先はkenkou146@gmail.comです。

スポンサーリンク

ゆるく他人とつながる方法

スポンサーリンク

f:id:dorankun:20180311212613p:plain

[職場を辞めた人とラインで話した]

職場を退職して外国に行ってしまった人からラインでメッセージが来ました。時間のある時、ラインで通話しませんかという内容でした。特別な用がないのに通話で話すという概念がなかったため戸惑いましたが仲の良い人だったので了承しました。
 
 
ラインで通話してみると話しは盛り上がり2時間程があっという間に過ぎてしまいました。今までは仲が良かろうが悪かろうが職場を辞めた人は例外なく完全に縁が切れました。
 
 
今という時代は仲の良い人なら職場や学校で会わなくなってもラインやスカイプでゆるくつながっていられるんだなと感じました。やっていることは単なる長電話と変わらないですが、やはり無料ということがもっとも大きいです。人と交流するというとどうしてもメインの方法は一緒に食事をするということになりがちです。
 
 
オンライン上で話せば交通費もかからず時間もそれほどとられず飲食費もかからず財布に優しいです。家のリクライニングチェアに座りながらヘッドセットを使ってゆったりとした気分で話していると直接会うよりいいのではないかとさえ思えてきます。かつては仲がよかったけれど、あまり会わなくなりそのまま疎遠になってしまった人たちとも半年や1年に一回でもオンラインで話していればゆるくつながっていられたのかなと思ったりしました。
 
 
しかし無理につながっているのも違う気がするので成り行き任せというか、その時その時の自然の流れにまかせればいいのだとも考えました。

[旧交を温めようとしたら未読スルーされた]

ゆるくつながると言ってもあまりに会わない時間が流れると共通の話題もなくなり今更話しても仕方ないという雰囲気になります。つながっていたい人には自分から連絡を取ることが必要です。そこで僕はかつてのゲーム仲間にラインでメッセージを送りました。
 
 
そのゲーム仲間とは10年以上の交流があります。一緒に食事に行ったことが何回もありリアルの知り合いでもあります。以前はよく一緒にさまざまなゲームを遊んだりしました。半年ほどお互いなんの音沙汰もなかったので久しぶりに世間話でもしながらゲームをしようと誘いました。
 
 
しかし3日ほどたってもメッセージは未読のままでした。これは未読スルーされているのだろうかと当然思います。僕自身かつてラインのメッセージに気がつかなかったことが1度だけあり職場の人間にもメッセージ送ったのに気づかれなかったことが1度あります。
 
 
 そこでプレステ4からメッセージを送ることにしました。プレステ4ではフレンド登録している人間に簡単にメッセージを送れます。ログインするとメッセージがポップアップするはずなので見逃すことはないです。しかしゲーム仲間はオンラインになってメッセージをみているはずなのにまったく反応はありません。
 
 
プレステ4ではフレンドがオンラインになってどのゲームを遊んでいるかもわかるのですが僕のメッセージを無視してドラゴンボールの格闘ゲームを遊んでいます。何でだよという気持ちになりましたが返事をしないというのも一つの明確な返事なのでそれを尊重しなければならないと思いました。
 
 
とは言うものの多少なりとも不快な気持ちにはなりました。断るなら断るで忙しいでもそういう気分でないでも他のゲームをしているでも言ってくれればしつこく誘ったりはしないのにと感じました。ゆるいつながりというのは心地よいものですがゆるいがゆえにあっさりつながりが切れてしまうなと感じました。それでもつながっていたいと自分が感じたなら半年や1年に1回連絡をとってみたいです。
 

[SNS疲れ]

メールやラインはコミュニケーションコストを下げて世の中を便利にしました。だけどメールやラインがなければ仲がいいままだったのではないかと思うケースもあります。半年や1年に1回直接会うだけなら良好な関係でいられたのにメールでやたらと気にさわることを言ってくる人やこちらのメールを無視されてこちらも無視して疎遠になったこともありました。
 
 
どの言葉が人の気に障るか難しいことがあるのは事実です。特に冷たい活字だとニュアンスが間違って伝わってしまうこともありえます。そんなにしょっちゅうトラブルわけではないですが過去10年を振り返るとポツリポツリとトラブったりしています。そう言えば新聞の記事で学生が友達のメッセージを返すのに疲れきっているというものを読んだことがありました。
 
 
世の中を便利にしたはずのものに苦労させられるというのはよくある話なのかもしれません。知り合いにもメッセージを返すのに疲れてツイッターを最近辞めた人がいます。自分のルールを決めて負担にならないようにラインやツイッターなどのSNSと付き合う必要があるということでしょう。
 

[まとめ]

 他人とゆるくつながる方法は半年か1年に1回ラインで話をしようと誘うことです。その人との関係性にもよりますがメールのやりとりより楽しいしつながりを維持できるような気がします。迷惑がられたりスルーされたら潔く諦めればいいのです。自分が連絡をとりたいと思っているくらい仲が良ければそこまで嫌がられないと思うのですがどうでしょうか。
 
 
現実に僕は未読スルーされてしまったわけですけど。仲が良かった友人で半年前に外国に言ってしまった人がもうひとりいました。その人に連絡とってみようかなと考えています。今度は未読スルーされないことを祈っています。