自由を求めて

セミリタイアを目指す40代会社員の日々感じたことの記録をしていこうと思います。連絡先はkenkou146@gmail.comです。

スポンサーリンク

平穏な気持ちで生きる方法

スポンサーリンク

f:id:dorankun:20180422202932p:plain

人生の目的と言うか願いは10代の頃から平穏な気持ちで生きるということだったような気がします。遺伝のためか環境の影響か10代の頃から精神が不安定で苦労しました。最近は 年をとったためか心も安定し現在は人間関係も良好で平穏な気持ちで生きる という目的は 今のところ達成されています。

 

ただ少し先の未来はどうなっているかわからないので常にどうすれば平穏な気持ちで生きれるかを考えたいと 思います。

 

[感謝すること]

 人間は何かに感謝していると心を平穏にする脳内物質が 出るそうです。何気ない日常生活を神様や仏様に真剣に毎日感謝している信心深い人が穏やかそうな人格に見えるのは科学的な根拠があったわけです。平和で豊かな日本に住んでいるだけで本来感謝すべきことは 山ほどあります。

 

でも改まって 感謝している人は少ないかもしれません。夜寝る前に当たり前と思っている ことをひとつひとつ感謝すると平穏な気持ちに近づけます。おいしく食事ができることも、本来ものすごく感謝することです 。僕はスマホのカメラで食事を映して夜にその写真を見ながら美味しいものを食べれたこと感謝してます。

 

結構幸せを感じられます。後は難しい ことですが嫌な経験も色々な経験ができたと感謝できれば心の中で消化できます。ただ現在進行形で辛い思いをしてる時にそう考えるのは難しいでしょう。過去の出来事や終わったことに対しては不快だったとしても感謝してみようと試す価値があると思います。

 

[鈍感になること]

悩みの90%は人間関係だという話をよく聞きます。確かにいろんなことに悩んでいるように見えて元を辿ると人間関係に悩んでいるということはよくあります。自分に対して攻撃的だったり悪意を持った人間に悩まされるわけです。

 

そういう場合どれだけ悩もうが結局解決策は見つからないことも多いです。悩んだり落ち込んだりしても何も変わらないので世の中 いろんな人がいるのだなあとやり過ごすしかありません。10人いたら1人でも自分を好きになってくれればラッキーだと考えてのらりくらりと攻撃をかわすしかないと思います。

 

年齢を重ねると感受性が落ちてきて傷つきにくくなるのは確かです。だから年をとると精神的に平穏になりやすくなると言えます。若くても考え込まず鈍くなろうと思えばだんだん鈍くなっていくと思います。鈍くなった自分を見て ますます攻撃的な気持ちになる人もいるかもしれませんがうつ病になって自殺するよりは鈍感で楽しく生きてた方がずっとましです。

 

[好きなことは何か知ること]

可能なら自分はこれのために生きてるだというぐらい 好きなものを持つことです。もしそういうものがあれば少々不快なことがあろうが自分には本当にやりたいことがあると考えて平穏な気持ちになれるのではないでしょうか。

 

僕の場合だと読書と格闘ゲームということになります。あまり他人に誇れるようなものではありませんが僕自身が楽しめているので問題ありません。読書も格闘ゲームも時間がない人でもできるので、おすすめです。

 

読書はほんの少しでも時間があれば楽しめます。格闘ゲームはYouTube でうまい人の動画を見ているだけで結構楽しいです。料理でも盆栽でも 囲碁でも将棋でも ゴルフなんでもいいですがはまっているものがある人はメンタルが強くなるような気がします。

 

 

www.kenkou146.com

 

 

[まとめ]

僕の場合、平穏な気持ちで生きるというシンプルなことが なかなか難しかったりします。生まれつき明るい性格の人、陽気な人が羨ましいです。 それでも僕のように 生まれつき 暗い性格だったり心が不安定でも 考え方や工夫により平穏な気持ちで生きることは可能だと思います。