自由を求めて

セミリタイアを目指す40代会社員の日々感じたことの記録をしていこうと思います。連絡先はkenkou146@gmail.comです。

スポンサーリンク

理想の職場環境を考えてみた

スポンサーリンク

f:id:dorankun:20161017232457j:plain

理想の仕事環境というものを考えてみました。一切の制約を取り払って考えると現実的なものではなくなります。実現不可能なものと可能なものの両方を考えてみたいと思います。

 

[実現不可能な理想の職場環境]

①週2日勤務で今と同じ給与と待遇を保証する。

②その週2日勤務では、勤務時間中、ブログや読書をしている。

 

これが僕の理想の職場環境です。もはや仕事とは呼べませんが、あらゆる制約を取り払って理想を述べるとこうなります。絶対に実現不可能ですが、あきらめたくない気持ちがあります。前例がないから無理だではなく、前例がないからやってみようと上司に訴えたい気持ちです。

 

[実現可能な理想の職場環境]

①管理職を降りる

②職場の近くにマンションを借りる

 

①管理職を降りる

僕の場合、管理職になったということが、あらゆる不幸の源だったような気がします。給料が上がったといっても税金や社会保険料も上がるので、それほど手取りはあがるわけではありません。さらに残業代がなくなることも無視できない問題です。

 

そもそも管理職になると残業代がなくなるという制度が問題があるように感じます。残業代を出さなくていいのは、経営方針を決めるようなレベルの人たちだけにすべきです。給与で言えば、手取りで1千万もらっている人たちだけにすべきでしょう。

 

その他にも有給を取りづらいとか、人間関係に苦労するなど給与に見合わないことが多いです。今となっては、続けられるだけ続けて、無理になったらやめようという感じです。振り返れば人生の一つの経験として、やってみてよかったかもしれないという心境です。ただ辞めたほうが幸せになれるのは間違いないです。

 

[週3日労働が、やはりいい]

正社員の立場を捨てて週3日労働が、自分にはやはり理想です。清掃でもコンビニの仕事でもなんでもするという気持ちです。時給千円なら8時間働いて8千円、週3日労働で月12日、9万6千円稼げば、社会保険を払っても何とか貯金を減らさず生きていけます。

 

なかなか、その生活に入る踏ん切りがつきません。一つには、現在の仕事環境が以前より良くなりストレスが、かなり減ったということがあります。環境は常に変化し続けているので、いつ悪化するかはわかりませんが今辞めるのはもったいないという感じです。管理職と一緒で続けられるだけ続けるといった感じです。

 

②職場の近くにマンションを借りる

仕事が嫌だという理由の一つに通勤が面倒というものがあります。毎日のことなので、これも小さいことではありません。職場の近くにマンションを借りて週に2日か3日そこに泊まって、近くから出勤できれば、仕事に対する抵抗もかなり減ると思われます。

 

しかし当然マンションを借りるのにはお金がかかります。そのお金を払いたくないのです。会社が払ってくれないものでしょうか。すべての会社が家賃を負担するということが法律で決まっていれば、みんなかなり助かると思うのですがどうでしょうか。