自由を求めて

セミリタイアを目指す40代会社員の日々感じたことの記録をしていこうと思います。連絡先はkenkou146@gmail.comです。

スポンサーリンク

漫画喫茶での出来事

スポンサーリンク

f:id:dorankun:20180519203837p:plain

[熱湯が手にかかった]

休日に久しぶりに漫画喫茶に行きました。進撃の巨人とキングダムの最新刊を読むためです。夕方頃に行ったので漫画喫茶をでたら食事をしようと考えていました。それが漫画喫茶に入ったとたんお腹がすいてきました。せっかく久しぶりに漫画を読みに来たのでベストコンディションで読みたいと思いましたが今更外に出ることができません。

 

やむなく漫画喫茶の中で売っている食べ物を買うことにしました。品揃えはあまりよくなくてカップラーメン、カップ焼きそば、ポテトチップ、弁当1種類、サンドイッチ1種類くらいしかありませんでした。ラーメンを食べながら漫画を読んでいて万が一カップを横に倒すと大惨事になります。

 

ここはカップ焼きそばのほうがいいかなと判断してカップ焼きそばとサンドイッチ、ビール1本を買いました。ドリンクバーのそばでお湯をカップ焼きそばに注いだ後、ふと気がつきました。3分間どこで待ったらいいのだろうかということに。そのままドリンクバーのある通路で待つのは廊下に立たされているみたいで辛い上にカップ焼きそばを置く場所もありません。

 

カップ焼きそばを持ったまま直立不動で3分間待たなければならないのだろうかと悩みました。悩んだ末自分の席に行って3分待ちまたお湯を捨てに来ることにしました。自分の席に行ってカップ焼きそばを置こうとした時に悲劇は起こりました。肩からぶらさげているカバンが振り子のように動き僕の右手を直撃したのです。

 

熱湯が右手の手のひらにバサっとかかりました。それで手を離すとさらならる大惨事になるので耐え忍んでカップ焼きそばを机の上に置きました。もうベストコンディションどころの話ではありません。右手が熱くなりはじめたので紙コップに氷を入れて持ってきて自分の手を冷やしていました。

 

いったんカップ焼きそばのお湯を捨てに行ったあとも自分の席で氷を使って手を15分ほど冷やしていました。なんで自分がこんな目にあうのだろうかと怒りがこみ上げてきました。まあ自分が悪いのですけど。それにしてもどこで3分待つべきだったのか考えてみました。

 

熱湯を持ったままの移動は万が一人にぶつかったときも大惨事となる可能性があったのでやはり避けるべきだったのでしょうか。でもこれがラーメンの場合だったらお湯を入れたまま自分の席に行かないといけません。カバンを席に置いてからお湯をいれるという選択肢もありますが置き引きが怖いのでやりたくありません。

 

いろいろ考えましたがお湯をいれたら3分間その場で待ってお湯を捨てて席にいくべきだったのかもしれません。3分間ボーッと待つのもつらいのでできたら漫画を読みながら待ちたいところですが仕方ありません。カップ焼きそばの場合、3分を自分の席で待つ場合往復しなければならないので色々リスクが増えます。

 

あれこれ考えると悲劇をなくすために漫画喫茶ではラーメンやカップ焼きそばは食べないほうがいいという結論になりました。この文章が漫画喫茶でカップ焼きそばを食べる人の参考になれば幸いです。

 

[進撃の巨人最新刊はわけがわからなかった]

漫画喫茶では幸い進撃の巨人とキングダムの最新刊を読むことができました。他の人に借りられていて読めないとテンションがガタ落ちだったのでよかったです。読めたのはよかったですが進撃の巨人の最新刊は正直わけがわからかったです。巨人対人類とういシンプルな構図の時はものすごく面白かったのに今は人間同士がゴチャゴチャやっている感じがしてあまり面白くありません。

 

いつのまにか時間が経っていてエレンが大人になっているしキャラクターの魅力も世界感の魅力もなくなった感じでした。途中で投げ出さずにちゃんと書ききる姿勢は立派だと思いましたが次の巻が読みたいという気持ちにはなりませんでした。

 

[キングダムは安定していた]

キングダムは安定した面白さという感じでした。ただ話があまり進まず同じことをずっとしているなあという感じです。同じことをしているのが面白いと言えば面白いのだけどもう少し話が進んで欲しいと思いました。キングダムは10巻くらいまとめて読むのがいいのかもしれません。

 

ただ最新刊がでるとつい読んでしまいます。それもキングダムの魅力と言えます。

 

[まとめ]

熱湯を手にかけてしまったのは自分の責任ですがお湯をいれたカップ焼きそばを置く場所があってもよかったような気がしなくもありません。漫画喫茶でカップ焼きそばを食べるときはお気をつけください。