自由を求めて

セミリタイアを目指す40代会社員の日々感じたことの記録をしていこうと思います。連絡先はkenkou146@gmail.comです。

スポンサーリンク

僕は茶番センサーが強すぎたのだろう

f:id:dorankun:20180812231801p:plain

[就職活動はバカらしく感じた]

茶番センサーというのは借金玉という人が作り出した言葉です。茶番センサーとは世の中の茶番を感じる能力のことを言います。この能力が高いと社会で生きていく難易度が高まります。そして僕はこの茶番センサーが強すぎたのだろうなあと借金玉さんの本を読んでしみじみ思いました。

 

まず就職活動が僕にはバカバカしくて仕方ありませんでした。どうしても真剣になることができませんでした。あの面接とか就職試験とかがどうにも茶番に思えたのです。それで出遅れてさんざんな目にあいました。最近よくある就職せずにプロブロガーになるとか起業するとかもしっかり自分の考えや目的があるだけ僕よりははるかにましと言えます。

 

思えばこれが人生の大きな分かれ道でした。この時頑張っていればもっとましな人生だったかもと思うこともあります。しかし就職活動をしっかりして大企業に就職しても過労死したり過酷な労働でうつ病になり自ら命を絶ってしまう人の話もチラホラ聞きました。

 

まあこれも運命としか言いようがありません。結果としてこれで良かったのかもと思うことも多いです。類は友を呼ぶというのか僕の知り合いや友人はまともに就職する人間は少なかったです。みんな死ぬこともなくそれなりに働いていることができるので人生何が正解かはわからないのでしょう。

 

[学校の勉強、行事もバカらしく感じた]

もっとさかのぼると学校の勉強や行事もすべて馬鹿らしくて仕方ありませんでした。カッコつけてスカしていたわけではなく本当に馬鹿らしかったのです。自分の将来に何の役に立たない知識をひたすら丸暗記していく作業、体育祭やら音楽祭など本気で怒りを感じました。

 

でも学校ですることのほとんどすべては茶番なのだから茶番に全力をだせないとすべてに全力をだせないわけです。茶番だと感じる能力が高いと必然的に何も頑張れなくなります。体育会系の人間は茶番を全力で行う能力が極めて高いと言えます。あんなふうになりたいとは思わないけど社会から求められる人材になることができます。

 

社会にでたら仕事も人間関係も茶番ばかりなのだから学校ではそれに慣れさせる意味があったのでしょう。おかしいことはおかしい、無駄なことは無駄だと感じる能力が高いと社会出てから生きづらくなるので学生のうちに矯正しておく必要があるのです。完全に矯正されなかった僕は社会の異分子として生きていく運命にありました。

 

[社交辞令や飲み会などもうまくできなかった]

社交辞令や飲み会なども無意味だと思っていたのでそういう考えの人間は色々苦労します。ちょっとしたお世辞や笑顔、感じのいいあいさつ、ちょっとした世間話、そういったことが無意味とは思いませんがうまくできませんでした。心の中で茶番だと思っていたのかもしれません。

 

飲み会も酌をして回るとかあいさつに行くとか絶対にできないタイプの人間でした。茶番だとも感じていましたが能力的にもできなかったのです。逆に世の中の人間はどうしてあんなにうまく他人と話せるのだろうと不思議に思うばかりでした。茶番をうまくこなせるということが社会では必要だったとかなり年月を経てから気づくことになります。

 

[まとめ]

茶番センサーを弱める方法があれば生きづらい人間が減るような気がします。自分で自分を洗脳すると言えるのかもしれません。独裁国家の国民や宗教団体の信者のように洗脳されたほうが楽に幸せに生きれるのは間違いありません。残念ながら正気を持ったまま生きるしか今のところ選択肢がないようです。

他人に誤りを指摘するのはやはり危険

 

blog.tinect.jp

 [指摘が正しかろうが恨んでしまう]

とても面白い文章でした。後半部分はネタのような気もしましたがとても面白いです。前半部分の女王陛下の気づかいは考えさせられます。女王陛下は食事の作法を間違えた貴族にその間違えを指摘せず恥をかかせないため自分も貴族と同じように行動します。この文章にも書かれているように女王陛下の気づかいは単に保身だった可能性はあります。

 

誤りを指摘することによって貴族に恨まれたくないのです。僕は女王陛下の行動は正しかったと感じました。相手のことを考えていようが自分が正しかろうが誤りを指摘すれば恨まれる可能性があります。そのことを経験上知っていたのではないでしょうか。自分自身が誤りを指摘されてその指摘した人を恨んだことがあるのかもしれません。

 

僕も他人から誤りを指摘されてその人に感謝するより恨みのような感情を抱くことが多かったです。さすがに女王陛下に注意されたら素直に感謝するような気はしています。ただ普通は苛立つことが多いです。今でも覚えているのは同僚と食事にいってやはり食事のマナーに注意されたことです。

 

僕が物を口に含みながらクチャクチャとかみながらしゃべりとても不快だという言われました。10年以上たった今でも覚えているくらい言われた僕は不快になり相手に敵意を持ちました。やはり誤りを指摘されて感謝するって難しいですね。言い方の問題も大きかったとは思うんですけど。

 

 その人は留学していた人なんですけど留学していた人によく見られる「思ったことをはっきり言うことがかっこいいこと」と信じている人でした。留学経験者はそういう傾向がある人が多いと思うのですがどうでしょうか。それともたまたま僕の周囲がそうだったのでしょうか。

 

話がそれましたが他人の誤りを指摘するなどメリットは少なくリスクは無限大です。する必要がある場合はしかたないけどしないですむならそれに越したことはありません。

 

[さりげなさく伝えるか可能なら事前に伝える]

相手のことを考えて誤りを伝えたいならさりげなく伝えればリスクは減ります。女王陛下の場合で言えば食事が終わった後で使者を送って柔らかく伝えるとか他の人が食事をしている場面を見るように仕向けるとか考えられます。善意で誤りを伝えるというのもけっこう大変です。

 

もっと言えば事前に誤りが起こりそうなことを伝えておくことが最善です。だいたい指を洗う水が食事中にテーブルに置いてあるなど間違える人がいてもおかしくなさそうです。当時の貴族には当たり前の常識だったのかもしれませんけど。もっとも事前に指摘できないことが起こるから悩むわけです。

 

言い方をさりげなくしてもかなりリスクは減らせるとは思います。他人のミスをきつい口調で注意するという体育会系的なノリが好きになれません。本当のところ体育会系的なノリが好きなひとなどいないのではないかと思っています。なんにしても他人に注意するときはさりげなくしたいものです。

現場が回らないがすべてを正当化してしまう

 

blog.tinect.jp

 

[現場が回らない]

東京医大で男子受験生が優遇されていたという事件が起こりました。その理由は男性医師の数が過半数を切れば医療現場は崩壊するという記事や意見をよく見かけました。実際に本当にそうなのかどうか僕にはわかりませんが「現場が回らない」という言葉がすべてを正当化したり反対意見を封じ込めたりすることはよくあるよなと思いました。

 

「現場がまわらない」という言葉はあらゆる正論や反論を打ち砕きます。「それはおかしいのではないか」「それは法律に反しているのではないか」という言葉も「現場が回らない」という言葉で撃破されるシーンを何度も見たことがあります。僕自身はブラック企業をこの世から駆逐したいと思っている人間ですが「現場が回らない」ためサービス残業したり休日出勤したりすることもあります。

 

とにかくこの「現場が回らない」は個人の信条や考えなど一切無視して物事を決めていくパワーがあります。今回の事件もそういうことなんじゃないかなと思って聞いていました。ただ素人考えで思うのは医者の数が足りないのだから増やすしかないのではいかということです。

 

医者の数を増やすと医療の質が落ちるとか医療費が上がるとか様々な問題が起こるらしいです。でもそれこそ「現場が回らない」のだから仕方ないのではないかと思うのですがどうなのでしょうか。少なくとも入試で不正をするよりはましなはずです。

 

[破綻や崩壊を受け入れる]

「現場が回らない」に対抗するためには破綻や崩壊を受け入れるしかないのではないかと最近考えています。法律やルールを無視しないと「現場が回らない」ならすでに現場は崩壊していると言えます。潔く破綻や崩壊を受け入れて違う方法ややり方を試すほうがいいのではないでしょうか。

 

ただ自分の生活や人命がかかっている場合、そんなに間単には決断はできないでしょう。でも結局ルールを破ったり個人が犠牲になって現場を回しても遅かれ早かれ破綻や崩壊はくるのではないかという気がします。少しでも破綻や崩壊を遅くすることに価値があるのかもしれませんけど。

 

医療現場の話ではなくて自分自身の環境の話をするとゆるやかな破綻や崩壊を待っているような状況です。人間関係も良好になり平穏な日々なんだけど遠くから破滅が近づいているような感じです。医療現場に似ていると言えなくもない。なんだかんだ言って何とかなってしまう可能性ももちろんあります。

 

ただ「現場が回らない」という言葉に反論するためには破綻や崩壊を受け入れる覚悟が必要なのかもしれません。ぜんぜん解決になっていないのですけどね。実際崩壊しないまでも崩壊寸前になる覚悟は持つべきかもしれません。そうでないと「現場が回らない」という言葉にすべてを決められてしまいます。

2018年7月の支出と振り返り

f:id:dorankun:20180719235145j:plain

コンビニ12466円

漫画喫茶1180円

サウナ10000円

免許更新代3000円

バス代420円

切手代220円

肺がん検査2200円

将棋プロ486円

キンドル2478円

notes 2800円

はてなプロ14400円

携帯1794円

ホットアイマスク1280円

amazon music unlimited 99円

本1冊1350円

県民共済2000円

家賃50000円

計106173円

 

[サウナ10000円]

久しぶりにサウナに行きました。会員の期限が切れるとハガキで連絡があったからです。プリペイドカードに1万円チャージして更新料を払ってついでにサウナに入ってきました。久しぶりに行ったサウナは快適でした。思えば去年はしょっちゅうサウナに行っていましたが心から楽しめていませんでした。

 

いつも職場の事が心配で心に鉛があるような感じでした。今は本当に何も考えずボーッとして快適です。1日中サウナにいてボーッとしていました。ひたすらボーっとするのも健全な心が必要なようです。

 

[免許更新代3000円バス代420円]

久しぶりに免許更新に行きました。以前土曜に行って恐ろしく長く待たされ泣きそうになりました。僕は並ぶという行為がとても嫌いなのです。自分の順番が来た時に気づいたのですがすぐ後ろに反社会的な迫力のある人が複数人いました。最初から築いていたら落ち着かなかったかもしれません。

 

その反省をふまえて免許更新は仕事を休んで平日に行くことにしました。今はもうペーパードライバーなので面倒なことこの上ありません。講習の時壁に張ってある交通事故死亡者数を見てこの世の残酷さを感じました。何回か交通事故で死にそうになっているので色々考えてしまいます。

 

[肺がん検査2200円切手代220円]

僕は慢性的にセキがでます。四六時中というわけではありませんが定期的にセキがでます。もう何年もそういう症状なのであまり気にしていなかったのですが、もしかして肺がんなのかもと最近思うようになりました。肺がん検査は痰を3回分容器に入れて病院に送るとがん細胞があるか検査してくれるというものです。

 

送ってけっこうたつのに今だ音沙汰がないのが気になります。「ガンでした」と言われても正直どうすればいいかわかりません。結局ガンだったとしてもどうしようもないのだから検査など無意味なのかもしれません。でもまあガンだったらそっこう仕事をやめて好きなように生きると思います。

 

[NOTE2800円]

最近有料NOTESを買って読んでいます。他人の養分になっています。でも面白い文章だったらお金払うのもありかなあと思うようになりました。そういう文章を読むと自分との文才の差を感じて悲しい気持ちにもなります。でもいつかそういうレベルの文章を書けるようになりたいという思いもあります。

 

今はそれが人生の目的というと大げさかもしれませんが目標となっています。

 

[はてなプロ14400円]

いつの間にか14400円引き落とされていました。早いものでもう2年経っているようです。せめてこのお金だけでもこのブログで回収したいのですがそれさえもなかなか厳しいです。始めた時はもっと大きな夢を持っていたのですが現実は過酷ですね。まあマイペースで続けていきたいと思っています。

 

[7月の振り返り]

7月には職場的に大きな試練が2つありましたが何とか無事に終わりました。細かいトラブルはありましたが全体的に平穏な日々でした。プライベートではクソ本を読んだせいで読書熱が下がり格闘ゲームも心が折れてやらなくなりました。あとは急にライブに行きたくなってチケットを申し込んだけど3回連続で落ちました。

 

安くないチケットなのにこんなに入手するのが難しいとは思っていませんでした。新しい世界を知りました。できたらライブに行ってブログにライブレポートをかきたかったですが仕方ありません。

Netflixでバキを6話まで見た感想

 

バキ(1) (少年チャンピオン・コミックス)

バキ(1) (少年チャンピオン・コミックス)

 

 

[格闘技ではなく能力者バトル]

ずっと以前少しだけ漫画で読んだことのあるバキという作品がNetflixで始まったので見てみました。格闘漫画だったと思いますが実際は能力者バトルでした。戦う相手はすべて死刑囚で刑務所を脱獄してきます。脱獄といっても穴を掘ったりして逃げるのではなくてだいたい看守を皆殺しにして刑務所を出ます。

 

海の底にある刑務所から息を止めて海上に浮かび上がったり、とってのない壁を何百メートルもトカゲみたいに登っていったり体を鍛えてどうにかなる能力ではありません。あまりにも非現実的すぎる話しでリアリティのかけらもないですが面白いです。面白ければなんだっていいですが格闘漫画というカテゴリーに入らないのは確かです。

 

[強いとはどういうことなのか]

このアニメを見ていて強さとは何か考えさせられました。この物語の世界観ではみんな自分の強さに誇りを持っているようでした。死刑囚の全員が口をそろえて「敗北を知りたい」と言っています。その敗北を知りたいという言葉は自分の強さの誇りの表れです。

 

人間の強さとは何かと考えると正々堂々と正面から戦って相手を倒すことであると考えます。特にこの作品の世界観を考えるとそうなのですが実際の戦闘は拳銃使ったり鉄棒をふるったり爆弾を使ったり小道具を使ったり不意をついたり滅茶苦茶です。それで相手を倒して強いと言えるのでしょうか。

 

もともと犯罪者の死刑囚なのでなんでもありということでしょうが敗北を知りたいなどとかっこいいセリフが合いません。単なるテロリストで正々堂々と戦えば負けることはできるでしょう。普通に戦っているだけではつまらないからここでも面白さを優先して戦いも滅茶苦茶になっています。

 

[戦闘が激しすぎる]

 面白いのだけど回を追うごとにだんだん戦闘の描写が激しくなっていきます。見ているのが精神的にキツイと感じることも増えてきました。腕が切られたり歯がボロボロになってくだけたりとかが正直キツイです。これがファンタジーの要素があって腕が再生したり治癒の魔法で治ったりすればいいのですがそういう部分はリアルな感じで起こりそうにないです。

 

戦闘漫画なのだから戦いの激しさが売りなのでしょうがどうにも戦いが生々しいのです。他の能力バトル漫画のように戦闘が激しくても淡々と見ていられない迫力があります。それがこの作品の魅力なのでしょうが見ていて思わず目を背けてしまうシーンがけっこうあります。

 

[まとめ]

拳銃を体にガンガン打ちまくられても普通に戦い続けたり爆弾を口の中に入れられて爆発してもピンピンしている世界です。そういう荒唐無稽な世界観だからこそ気楽に楽しめるのだと思います。ただちょっと戦闘が過激になり過ぎてついていけない部分もありますがエンターテイメントとして優れた作品だと思います。

僕が会った発達障害の人々

 

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

 

 

[2時間ノンストップでしゃべる人]

先日、発達障害の本を読んで自分は発達障害だったんだなあと改めて思いました。自分は悪気は全くないのになぜか人間関係が壊れることが多かったのですがその理由がよくわかりました。さんざん苦労しましたが現在は何とかスムーズに対人関係を築けるくらいには対人スキルを身につけました。

 

もっともどんな人間にも発達障害的な部分はあると言います。対人関係に悩んだことがない人もいないでしょう。僕はまだ症状が軽いほうだったと言えなくもないです。過去を振り返ると純度の高い発達障害の人に会っていました。その時は発達障害という言葉も知りませんでした。

 

だから単に悪意の塊と感じてしまいましたが病気だとわかっていればもう少し冷静に対応できたのではないかという気もしています。発達障害の症状の一つにしゃべるのが止まらないというものがあります。まさにこういう人と仕事をしていた時があります。もともとその人は機械的というかロボットのような話し方や動き方をする人でした。

 

学歴は高く頭は悪くなかったですがとにかくしゃべりまくるひとでした。最初は良好だった人間関係もだんだん悪化していきました。一度じっくり話して関係を良好なものに戻そうと試みました。会議室で2人で話すことにしたのですが、その時は相手の言葉をさえぎらないと決めて話し合いに臨みました。

 

結果2時間ほとんどノンストップでしゃべりまくられました。2時間というのはかなりの時間です。居酒屋に友人と飲みに行っても2時間あればかなりがっつり話せます。それをほとんどひとりで話し続けるというのは異常と言わざるを得ません。しかも内容はどうでもいいことだったり人をイラつかせることだったりします。

 

まあそれは僕の主観ですが普通は2時間も話すことなどないのです。発達障害の特徴である会話のキャッチボールができない、相手の感情を読むことができない、話すのをとめられないなどの病気の症状だったわけです。病気だったのだから仕方のないことです。

 

[2人きりで話していて居眠りする人]

発達障害者は興味のあることには驚異的な集中力を発揮する一方で興味のないことは一切頭に入ってきません。程度の差はあっても誰でもそうですが、その症状が極端なのです。業務の話も右から左に流れている感じが外から見てもわかります。一番驚いたのが2人で会議室で話している時に居眠りを始めたことです。

 

興味のない話しだったのでしょうが2人で向き合って話している時に居眠りができるものなのかと呆然としました。これが大勢の参加する会議ならまだわかります。必ずしも自分が発言するわけではないし大勢いれば目立たないからです。その人は別に前日徹夜をしていたわけでもなく会議室に入るまでは普通にしていました。

 

他にも業務時間中にどうどうと居眠りをしていた人もいました。偉い人に見られる可能性もある場所でした。その代わり興味のあることにはものすごい集中力を見せました。ただ興味のないことには全く関心を持てないというのは色々致命的だなあと感じました。

 

[部屋の電気をまぶしがる人]

音や光に以上に過敏になる症状もありますがそういう人にも会ったことがあります。部屋の電気がまぶしいというのです。サングラスをしたり部屋の電気を消そうとしたりしました。LEDの光なら大丈夫とかわけのわからん事を言うなあと戸惑いました。LEDができるまではどうしてたんだと不思議に思いました。

 

コンビニや電気屋に行った時はどうしていたのでしょうか。カードキーは心臓に悪い影響があるといって首からかけれず失くしたりしていました。多分今後も苦労するだろうと思われます。そばにいるときはふざけた奴だとイライラしましたがこれも病気だったわけです。だからと言って許容はできないことではあります。

 

[まとめ]

 僕もその一人ではありますが発達障害で苦しんでいる人は多いと思われます。もう少し社会全体でこういう病気があると認知されればいろいろ対処方法が生まれるのではないでしょうか。ただ結局ボロボロになりながら処世術を学ぶしかないのかもしれません。

ホットアイマスクを買った

 

 

[ドライアイになり視力が落ちた]

ドライアイになり視力が落ちました。健康診断に行ったら視力が落ちていてショックでした。昼休みにスマホでブログを書いたのがまずかったようです。スマホを長く見るのが思ってい以上に目を酷使していました。家に帰った時はブログの記事ができているというのが気に入っていたのですがやめたほうがいいみたいです。

 

今は前と同じように昼休みは席に座りウトウトと居眠りしています。居眠りしていたほうが精神力は回復します。以前は仕事から帰ってくるとブログを書く気力が残っていなかったのですが最近はなぜだかわかりませんがブログを書けます。やっぱりスマホよりパソコンのほうが書きやすいです。当たり前と言えば当たり前ですが。

 

[濡れタオルが面倒になった]

ドライアイになってから濡れタオルをレンジでチンして目に当てていました。それから目薬をするようにしました。しかしだんだん濡れタオルをチンするのが面倒になってきました。やはり毎日となると面倒になるんですよね。それでも数ヶ月は続けていました。

 

夜寝る前にしていたのですが眠気を我慢してチンするのが苦痛にもなりだんだんしない日が増えてきました。なにかいい方法はないだろうかと探しているとホットアイマスクというものがあると聞きました。

 

[ホットアイマスクなら楽]

ホットアイマスクならUSBをパソコンにつけるだけなので楽ではないかと思いました。値段も千円台と手頃なので最悪使い物にならなくてもあきらめがつきます。さっそくアマゾンで購入しました。霧吹きのようなものがついていて湿らせてから使うということになっていました。

 

すぐに使ってみようとしましたがまずどっちが目を当てる部分かよくわからない。柔らかな布がついている部分が多分そうだろうと思い霧吹きで湿らせました。USBをさしてしばらく待っていると逆側が温かくなってきました。いきなり間違えてしまったなと思い逆側を霧吹きで湿らせようとましたが革のような素材で水が染み込まないような感じです。

 

これでいいのだろうかと思いながら5分待ちアイマスクをつけてみました。圧力がキツイ。かなり目に圧力がありキツ過ぎます。この圧力が目にいいのだろうかと思い5分つけていました。まあ悪くないような気がします。ボタンを押せばすぐに温かくなるのもありがたいです。

 

ただやはり圧力がキツイなあと思い調節できないだろうかと思って見てみました。構造上調節できないように感じました。しかしいじっているとあっさりゆるめることができました。まあそうですよね。圧力の強さを調節できないなんておかしすぎることがあるはずがない。

 

まだ1回しか使っていないのでなんとも言えませんがこれなら続けられそうな気がしています。視力回復のトレーニングも毎日しています。効果がどれだけでるかわかりませんが一生続けていこうかと思っています。