自由を求めて

セミリタイアを目指す40代会社員の日々感じたことの記録をしていこうと思います。連絡先はkenkou146@gmail.comです。

スポンサーリンク

ベーシックインカムを導入すべき理由

スポンサーリンク

f:id:dorankun:20160904143123j:plain

[理想のベーシックインカム]

フィンランドで実験的にベーシックインカムを導入したという話を聞きました。日本では実現することはなさそうですが、僕はベーシックインカムを導入したほうがいいと思います。理想のベーシックインカムについて考えてみました。

 

ベーシックインカムは月10万はほしいところです。年120万となりなんとか人一人生きていける金額です。この金額を年齢40歳以上の年収手取り500万以下の人たちに配ります。手取り300万ない人は、税金や社会保険は免除とします。

 

40歳超えて手取り500万ないなら、結婚することも難しいし将来的に希望を持てない人も多いです。僕もその一人ですが、お金を配ってもらえればとりあえず安心感を得られます。

 

[ベーシックインカムにより選択肢が増える] 

年間120万貰えれば、仕事が気に入らなければ、やめてパートやバイトを週1回だけするとか色々、選択の幅が広がります。労働者を引きつけておくには労働条件をよくするしかなくブラック企業も減っていくでしょう。

 

40歳までは頑張って働き貯金をして、40歳過ぎたらセミリタイアしてベーシックインカムを受け取るとか40歳を超えたら様々な可能性が生まれてきます。現在は40歳を超えると転職もできないと言われるし、新しいスキルを身につけるのも大変だし、何かあると人生が詰みやすいです。

 

[ベーシックインカムは救いとなる] 

実際自殺するのが一番多いのが40代の男性という話を聞いたことがあります。ベーシックインカムがあれば生きているだけで年間120万円もらえるのだから、人生を諦めることの抑止力にもなります。

 

現在、年金は65歳から支給されます。働いている世代からすると65歳というのが遥か遠くの未来であり、気が遠くなります。40歳からベーシックインカムがもらえるとなれば生きる気力が湧いてきます。

 

問題は何億円とか何十億円とか資産を持っている人にも働いていなかったらベーシックインカムを配るのかということですが、個人で金融資産5千万以上ある人は支給しないということでいいと思います。

 

ベーシックインカムを受け取るとき、自分の金融資産を申請して虚偽の報告をしたら終身刑くらいの重い罪にすれば、お金持ちがわざわざリスクを負って年間120万受け取ろうとはしないでしょう。もし金融資産が5000万切ったら、ベーシックインカムを受け取ればいいのだと思います。

 

[まとめ] 

考えれば考えるほど、ベーシックインカムは素晴らしいです。導入しないほうがおかしいとさえ思えます。問題はただひとつ財源をどうするかということです。財源さえなんとかすれば、これほど人類の幸せに貢献する政策はないでしょう。