自由を求めて

セミリタイアを目指す40代会社員の日々感じたことの記録をしていこうと思います。連絡先はkenkou146@gmail.comです。

スポンサーリンク

うつ病対策の休日の過ごし方

スポンサーリンク

f:id:dorankun:20171205163310p:plain

平日は休日がくることを心待ちにしています。休日を楽しみに生きていると言っていいくらいです。実際に休日前夜は心の底からくつろいで満ち足りた気分になります。
 
 
ところがいざ休日になるとなぜかうつ病っぽくなることがよくあります。午前中はまだいいのですが、午後の昼食の後などに心がどんよりとしてきます。
 
 
何を見てもやっても心の底から楽しめず落ち着かない気持ちになります。不安な気持ちが高まり、そんな状態でせっかくの休みが過ぎ去っていくことに焦りを感じます。
 
 
休日、自宅にいれば嫌な出来事があるわけではなく嫌な人に会うわけでもないのになぜそのような気持ちになるか不思議でした。
 
 
むしろ仕事のある日のほうが明るくて元気があります。職場には波長の合う人もいて、そういう人達と話しをしているとポジティブな気持ちになります。
 
昔からこの「休日うつ病問題」は僕にとって解決すべき問題でした。改めてどういう休日を過ごせば快適に1日を送れるか考えてみたいと思います。
 
 

[ウォーキングをする]

家の中に1日中いて外出しないと頭の中で思考が暴走してイライラしたり、悶々としたものを心の中で抱えることになります。
 
 
人間は複雑な思考ができるものの結局哺乳類の生物にすぎないわけです。ゴリラは檻の中に閉じ込められていると胃かいようになると聞いたことがあります。
 
 
人間も同じです。生物として身体を思いっきり動かしたりアドレナリンをだしたりしていないとストレスを感じるようにできています。
 
 
休日は昼食後少し休んだらウォーキングを1時間ほどするのがうつ病対策に有効です。ランニングや水泳ができればそれがベストです。
 
 
ただウォーキングに比べてハードルが高く面倒になって挫折する可能性も高まります。その点ウォーキングなら文字通り歩くだけなので心理的抵抗も小さいです。
 
 
少し早歩きを1時間するとけっこう疲れます。身体がクタクタになると余分なことや考えても仕方ないことも考えなくなり健康にもよくて一石二鳥です。

[規則正しい生活を送る]

生活のリズムが毎日一定でないと頭がボケ安くなるのは脳の研究で証明されているそうです。休みの日だからと言って乱れた生活リズムになるとメンタルに悪影響があります。
 
 
僕は朝は休みの日でも通常通り起きることができるのですがお昼ご飯を食べると睡眠薬を飲んだかのように眠くなり眠ってしまうことがあります。
 
 
抗い難いものすごい睡魔が襲ってきて倒れるように寝てしまいます。起きるとどんよりとした気持ちでうつ病っぽくなります。あっという間に夕方になり休日が終わるという絶望感を感じます。
 
 
昼食を食べたらすぐに眠る前にすぐにウォーキングに出ます。とにかく自分の部屋にいるとすぐに横になりたくなってしまうので。昼食をたっぷり食べると眠くなるので軽く済ませておくのも重要です。規則正しい生活を崩す一番の要素が昼食後の睡魔なのです。
 
 

[昼間からアルコールをとらない]

これは僕だけかもしれませんが昼間からアルコールを取りたくなるのです。もともとうつ病気味の人間なので気分を朗らかにしたくなるのです。ただ昼食をとるだけでも睡魔に襲われるのにアルコールを取るのは本当に睡眠薬を飲むようなものです。
 
 
アルコールは夜だけに取るようにします。さらにお昼は眠くならないようにおにぎり1個か2個で済ますようにします。仕事や勉強、生活のリズムを崩す大きな要因の一つが食事です。アルコールや食事の取り方は用心深くありたいものです。
 

[図書館に行く]

休日に気分を明るくしようとサウナや漫画喫茶に通っていた時期もありました。始めは新鮮だったためか気分が明るくなりました。しかし通っているうちに慣れが生じてあまり明るい気持ちになれなくなりました。
 
 
お金を払って暗い気分のままだとますます暗い気分になります。休日は図書館に行くのがいいという結論に達しました。もちろんサウナや漫画喫茶も2、3ヶ月に1回なら楽しめます。
 
 
可能なら図書館まで歩いていけばウォーキングもする事ができます。図書館ではブログを書いたり本を読んで過ごせば有意義な時間を過ごせます。
 

[まとめ]

せっかくの休日をうつ病っぽく過ごすことほどもったいないことはありません。できることなら明るい気分で楽しく過ごしたいものです。気分を明るくするための一番効果があるのがウォーキングだと感じています。
 
 
できることなら緑の中で池とか川など水の近くを歩くと精神衛生上よさそうです。自然の中を歩くと精神にいい影響があるのは実験で証明されていたと思います。なんにしても大切なことは身体がクタクタになっていることです。明るい気分で休日を過ごしたいものです。